ラカン精神科学研究所メールマガジン 第112号(2019年7月1日)発行のお知らせ


ラカン精神科学研究所では、毎月1回、月初めにメールマガジンを発行しています。

2019年7月1日、 ラカン精神科学研究所メールマガジン112号発行しました。

日々、クライアントの分析をする中で感じたことや、理論、自分の事を例にあげて書いています。


No,112今月のメルマガのテーマは、「川崎市登戸殺傷事件分析」です。


2019年5月28日朝、川崎市の登戸駅付近の路上で、私立カリタス小学校のスクールバスを待っていた小学生の児童や保護者らが、近づいてきた岩崎隆一容疑者に相次いで刺された。

この事件を精神分析の理論をもとに解説します。

…岩崎容疑者の父と母は彼が幼い時離婚した。

そして彼は一人残され、父方の叔父に預けられ育った。

…彼は母・父どちらからも見捨てられたことになる。

これは、まだ一人では生きていけない子どもにとって、

精神的死に等しい。

“眼差しを向けられない子は、自分の存在に気づいて欲しい。

彼は友達、人、犬にも石を投げる意地悪をしていた。


…こうして彼は完全に親から見捨てられ放棄され、

親にとって彼は不要のもの、ゴミ、廃棄物となった。

…親が子どもに背を向ける眼差しの拒絶が、子どもの怒りを生み、

犯罪の動機を作る。

精神的に殺された子は、後に自分が殺されたように

他者を殺める可能性が大きくなる。


…眼差しの喪失、信頼の喪失 から全ては始まった。

ということは、彼は眼差しと信頼があれば生まれ変われた。

しかし皮肉にも彼は亡くなってから注目(眼差し)を浴びることになった。

眼差しを受けるのは彼の中学時代の写真でしかない。


…彼は凶器として包丁を4本用意し、実際に使ったのは2本だった。

刃物(包丁)の象徴はペニス(ファルス)。

つまり彼は2度去勢されている。

…無力な自分は、いつか力のある自分として蘇りたい。

その力が、失われたペニスの代償である刃物に置き換えられる。

力の置き換えである刃物を実際に使うことで、

ファルスを持った強い人間として生まれ変わったと錯覚できる。


…このように精神分析の理論でみていけば、彼の行動・犯行は理解できます。

彼の人生のどこか、それもできれば早い時期に、

眼差しと信頼の回復ができたなら、

彼は事件を起こすことを避けられ、犠牲者を出すこともなかったのにと

残念に思います。


(メルマガより一部抜粋)


興味ある方は下記URLよりメルマガ登録して、お読みください。


ラカン精神科学研究所メールマガジン


           ラカン精神科学研究所 セラピスト 登張豊実



下記のサイトにメルマガ登録画面があります。

メルマガ:子育て相談室便りこのページより登録できます。

ラカン精神科学研究所のホームページにもメルマガ登録画面があります。

フォンドル・セラピー


ラカン精神科学研究所 所在地  埼玉県鴻巣市富士見町7-10   
               連絡先  ℡090-7357-4540

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック